Hasselblad H6D-100C

Hasselblad H6D-100C

思い切ってのH6D-100Cの購入が、まさかこんなことになるとは。。。デザインで生計をたてようと思い立ったのが20のとき、23まで学校にいって最初デザイン事務所に数年通い、27くらいのときに独立し、40さいくらいから本格的に写真を仕事にし始めました。自分の場合その経緯も影響して写真のみの発注は少ないのですが、今年のはじめにH6Dを購入しました。さぁ、バリバリ仕事しないといけないなと思っていたんですが、購入がきっかけで知り合った2015年のハッセルブラッドのアンバサダー・デレックマキシマ氏とモホークというフォトグラフィチームを結成するに至りました。

When I dared to buy H6D-100C I haven’t imagined what it would bring. I decided to become a designer when I was 20. I graduated school at 23 and I had worked for design office for some years. Around 27 I started working for myself and around 40 I started taking photos professionally. In my case, this chronology has an impact on my photos. At the beginning of this year I bought H6D. As I thought, this time I need to get serious and work more in photography field. Thanks to the new camera I got to know Derek Makishima – 2015 Hasselbald Ambassador. We decided to build a photography team – mohawk.

No Comments

コメントを残す